歯科矯正!歯を動かすメカニズムとは

♦どうして歯科矯正すると歯は動くの?♦

歯はとっても硬いし、あごの骨にしっかり埋まっているのにどうして矯正装置をつけると歯が動くのでしょう!

骨が作り替えられるのを待つから歯を動かすのはゆっくり少しずつになります。

だから 矯正治療は時間がかかるのです💁‍♀️

そこで、何年も時間をかけて、治療をおこなっていくのです。無理やり動かすのではなく、元々の代謝機能を使うことで体に負担をかけずに、歯を動かすという大きな作業を無理なくすることができるのです。これを、自分でやろうと思うと力加減がわかりません。そこで矯正の専門の歯医者さんがいるわけです。歯にかける負荷を調整し、少しずつ歯を動かし、きれいな歯並びにしていきます。

矯正歯科コラムに関連する記事

矯正歯科治療で生じうるリスクや副作用について

矯正歯科治療で生じうるリスクや副作用についての画像

矯正歯科治療で生じうるリスクや副作用について

①矯正装置装着後の歯の痛みと発音
個人差はありますが、3日から1週間程度、疼き・歯痛・冷水痛を感じることがあります。
また、装置になれるまで発音しづらいなどの症状がでる事があります。
ワ...

目立たないマウスピース矯正

目立たないマウスピース矯正の画像

目立たないマウスピース矯正

インビザラインとは 歯の矯正をしたくても「目立つワイヤー矯正はしたくない」という方に最適な治療法が有ります。
当院では主にインビザラインを使用したマウスピース矯正を勧めています。 インビザ...

歯科矯正は何歳から可能なの?

歯科矯正は何歳から可能なの?の画像

歯科矯正は何歳から可能なの?

気になる歯並びを改善前のコラムでもご紹介したように歯並びに問題がある場合、見た目だけではなく機能的にも問題がある場合も多く、 上手く歯と歯が咬み合っていないと食べものをうまく咬み砕き(咀嚼)飲み...