歯科矯正は必ず抜歯をしなければならないのか?

歯科矯正の抜歯の必要性について

歯科矯正を行う上で抜歯をしなければならない場合があります。

健康な歯を抜いてまで歯並びをよくしたくないという意見もありますが、必ずしも抜歯が必要なわけではありません。

抜歯をせずに歯科矯正行う方法もありますが、なぜ抜歯が必要なのか、抜歯しないとどうなるのかなどについてお話していきたいと思います。

なぜ抜歯が必要なの?

歯並びが悪くなる原因のはとんどは、歯の並ぶスペースがないことです。日本人はもともと骨格的にあごが小さいため、歯並びが悪い人はとても多いのです。歯列矯正の考え方としては、抜歯をしてスペースをつくることにより、ガタガタになった歯を正しい位置に並べることができるというものです。歯列矯正は、抜歯が必要な場合と、抜歯せずに矯正治療を行える場合があります。

抜歯したうえで矯正治療を行うことを抜歯矯正、抜歯せずに矯正治療を行うことを非抜歯矯正といいます。歯並びは人によって大きく異なるので、人それぞれ歯列矯正の方法も異なります。自分の健康な歯は、なるべく残しておきたいと思うのですが、歯列矯正の中でも抜歯矯正は多いのです。

また、抜歯せずに歯列矯正を行った場合よりも、治療後、歯並びが戻りにくいこともあります。

非抜歯で矯正ができる場合もある?

歯を矯正治療できれいに並べるためにはスペースの確保が必要になります。

適切なスペースがないと、歯を正しい位置に動かすことができません。そのため、このスペースの確保が治療方針を決めます。

このスペースの確保には以下の4つの方法があり、このうち抜歯以外の3つの方法を組み合わせて行うのが非抜歯矯正と言います。

後方移動

従来の歯科矯正用装置では、ほとんど不可能な歯牙の後方移動でしたが、マウスピース矯正(インビザライン)なら比較的簡単に後方移動が可能です。

その為、インビザラインなら多くの症状で非抜歯での矯正治療が可能となっております。

後方のゆとりに制限があるので、あごの骨の前後が短い方(面長な方)などは、あまりスペースをたくさん確保できない場合があります。

拡大

形を整えながら歯並びを外側へ膨らませていきます。前歯の位置は基本的に現状維持または前方に傾きます。

また、歯槽骨のない場所には移動ができないため、歯列の拡大を無限に行えるというわけではありません。

お子様が成長期の場合などは、上あごの場合はあごの真ん中の継ぎ目が硬化していないため、正中口蓋縫合(せいちゅうこうがいほうごう)という急速に拡大していく方法が行える場合もあります。

IPR

ストリッピング(スライス)とも呼ばれる、0.5mm以内で歯にヤスリをかけていく方法です。

歯に大きなダメージもなく、治療中の痛みもありません。

スペースを確保できる量はわずかになりますが、欲しい箇所にピンポイントでスペースを作れるというのが最大の特徴です。

しかし、抜かない矯正を全ての患者様に行えるわけではありません。

抜歯を行わずに歯並びをきれいにしたとしても、機能性を損なってしまう噛み合わせでは矯正治療を行う意味がありません。

津田沼こども歯科おとなこども矯正歯科では、様々な角度から診断を行い、総合的に良いと判断した治療方法を患者様にご提案させていただいております。

抜歯をするか、しないかについては、患者様のお口の中がどんな状態かを確認してからでないと判断ができないため、

是非カウンセリングにいらしてください。お気軽にご相談ください😊

矯正歯科コラムに関連する記事

矯正歯科治療で生じうるリスクや副作用について

矯正歯科治療で生じうるリスクや副作用についての画像

矯正歯科治療で生じうるリスクや副作用について

①矯正装置装着後の歯の痛みと発音
個人差はありますが、3日から1週間程度、疼き・歯痛・冷水痛を感じることがあります。
また、装置になれるまで発音しづらいなどの症状がでる事があります。
ワ...

目立たないマウスピース矯正

目立たないマウスピース矯正の画像

目立たないマウスピース矯正

インビザラインとは 歯の矯正をしたくても「目立つワイヤー矯正はしたくない」という方に最適な治療法が有ります。
当院では主にインビザラインを使用したマウスピース矯正を勧めています。 インビザ...

歯科矯正は何歳から可能なの?

歯科矯正は何歳から可能なの?の画像

歯科矯正は何歳から可能なの?

気になる歯並びを改善前のコラムでもご紹介したように歯並びに問題がある場合、見た目だけではなく機能的にも問題がある場合も多く、 上手く歯と歯が咬み合っていないと食べものをうまく咬み砕き(咀嚼)飲み...