歯科矯正は何歳から可能なの?

気になる歯並びを改善

前のコラムでもご紹介したように歯並びに問題がある場合、見た目だけではなく機能的にも問題がある場合も多く、

上手く歯と歯が咬み合っていないと食べものをうまく咬み砕き(咀嚼)飲み込む(嚥下)ことができずに、消化不良となっている場合や、

上の歯と下の歯がしっかりと咬み合わず隙間が空いてしまい、常に口が開いた状態になってしまいドライマウスになってしまうなど、

さまざまな弊害をきたし、歯並びはとても重要となります。

歯科矯正は何歳から始めればいい?

子供の矯正治療に関しては、早い方がいいと思います。

ただ、歯並びの状態や成長に合わせて治療の開始時期など変わってきますので、最適なタイミングで治療を始めるためにも、一度歯科医院にご相談されることをおすすめします。

一般的な矯正治療の開始時期は、永久歯が生えはじめる5~7歳頃です。

子供の頃からはじめると、成長時の骨格の動きを利用して治すことができます。

どのタイミングではじめるかどうかは、お子さんの症状や成長具合によっても変わってきます。アゴの成長を利用するのであれば、骨格が原因である出っ歯や受け口の治療が有効的です。

アゴを大きくすることで、永久歯の生えるスペースができるため、歯がきれいに並びます。

子供の矯正には2つの治療時期がある

子供の矯正は2つの治療時期に分けられます。

3歳ごろから小学校高学年くらいまでに行われる一期治療、中学生や高校生になってから行われる二期治療です。

一期治療は、乳歯と永久歯が両方とも生えている時期になります。まだ生え変わっていない永久歯を正しい位置に誘導していく治療や、顎の成長を正しい位置に促す治療などを行います。

歯並びを整える治療というよりも、上下の顎のバランスや顎の幅などを整え、将来理想的な歯並びが作れるようにする治療です。

二期治療は、全ての歯が永久歯に生え変わってから歯並びを改善していく治療です。成長期を終えて骨や顎の成長が止まってから、上下の歯の噛み合わせや隣り合った歯のガタガタなどをきれいに整える治療をしていきます。

一期治療をすることによって変わること

◇メリット

・大人になってから行う矯正治療の期間を短縮することができる

・生え変わり時期に歯の生えてくる方向を正すことで大人になってからの矯正治療が必要なくなる可能性がある

・顎の成長を助ける

・将来的な虫歯のリスクが減る

・呼吸や滑舌、舌の正しい位置を学ぶことで歯並びが悪くなる原因を減らすことができる

生え変わり途中に矯正治療をすることで大人になってからの治療を軽減させたり、治療の期間を短縮・軽減させたりできることが、子供の頃に矯正を始めることで得られる大きなメリットのひとつです。

例えば上記でご紹介した「反対咬合」は大人の矯正だと顎の手術を伴う治療になることが多いですが、子供の頃から顎を正しい位置に誘導する治療をすることで手術になる可能性を低くすることができます。

他にも「交叉咬合」は若い時から放置しておくと顎の関節に負担がかかり、痛みや雑音などの症状が起こったり、顎がズレていると顔自体が歪んでしまうことがあります。しかし、子供の頃から矯正治療を始めることで早めに対処することができ、大人になってからより比較的に早く治すことができます。「萌出不全」も生えてくるはずの永久歯の萌出を妨げたり、他の永久歯を吸収してしまったりすることもあるので同じく早期相談していただくのがおすすめです。

歯並びを治すことで歯磨きもしやすくなり、大人になってからの虫歯のリスクを減らすことができるのも小児矯正のメリットです。合わせて、MFTという舌のトレーニングを覚えていただくことで歯並びが悪くなる原因・習慣も取り除くことができます。

◇デメリット

・治療期間が長くなる場合ある

・治療法によっては虫歯になる危険性が高まる

・治療法によっては本人の努力が必要

幼い頃から一期治療を始めると、大人になってからの矯正治療よりも子供の矯正治療は期間が長くなる可能性あります。顎の成長が止まるのが15歳前後といわれており、顎が健全に成長するための治療を継続的に行う場合、大人の歯科矯正よりも期間が長くなる可能性があります。

固定式の矯正装置がついた場合、歯や歯と装置の間が磨きづらくなりきちんと磨くことができないと虫歯の危険性が高まります。でも幼い頃から矯正をして歯並びが良くなれば歯が磨きやすくなり、歯並びが悪い時よりも虫歯の危険性を減らすことができます。

種類によっては自由に取り外しができる可撤(かてつ)式の装置もあり、固定式の装置と違って歯磨きはしやすいですが、気軽に取り外せるが故に装着時間を守るのが難しいお子さんもいらっしゃいます。矯正治療でより良い成果を得るために、治療をするお子さん自身の協力が必要不可欠になってきます。

矯正歯科コラムに関連する記事

矯正歯科治療で生じうるリスクや副作用について

矯正歯科治療で生じうるリスクや副作用についての画像

矯正歯科治療で生じうるリスクや副作用について

①矯正装置装着後の歯の痛みと発音
個人差はありますが、3日から1週間程度、疼き・歯痛・冷水痛を感じることがあります。
また、装置になれるまで発音しづらいなどの症状がでる事があります。
ワ...

目立たないマウスピース矯正

目立たないマウスピース矯正の画像

目立たないマウスピース矯正

インビザラインとは 歯の矯正をしたくても「目立つワイヤー矯正はしたくない」という方に最適な治療法が有ります。
当院では主にインビザラインを使用したマウスピース矯正を勧めています。 インビザ...

歯科矯正は必ず抜歯をしなければならないのか?

歯科矯正は必ず抜歯をしなければならないのか?の画像

歯科矯正は必ず抜歯をしなければならないのか?

歯科矯正の抜歯の必要性について歯科矯正を行う上で抜歯をしなければならない場合があります。 健康な歯を抜いてまで歯並びをよくしたくないという意見もありますが、必ずしも抜歯が必要なわけではありません...