こどもの矯正

小児矯正

こどもの矯正は、
お子様の健やかな顎の成長を助け歯並びも改善する治療です。

矯正治療は年齢に応じ治療法が異なります。
小児矯正では、生え変わりと顔の成長変化を見据えた治療を行います。

実は早い時期の矯正治療はとても重要です。
「矯正治療」は金具とワイヤーで歯を並べるだけの治療ではありません。

こどもの矯正とは、歯並びだけでなく、顎の成長を整える治療です。
歯並びの歪みは、顎・顔面の成長の問題と深く関係しています。
例えば、上下の顎の大きさや位置がずれていると、受け口や上顎前突になりますし、顎が小さいと、(お顔の大きさではありません) 歯並びがガタガタになり、生え変わりとともに不正咬合が進みます。このように、顎の大きさや位置に問題があると、
歯は歪んだ方向に生えます

お子様の矯正治療は、お口の「成長」途中に行うことが重要です。

しかも早期の段階で改善し、正しい成長の方向に戻してあげることが大切です。
「もう少し永久歯が増えるまで待つ」というのは、間違った方向へ顎の成長発育が進んでしまい、とてももったいないことです。
成長発育を正常な方向に改善するためには気づいた時点で早めに治療を開始することが望ましく、早い段階のうちに顎の形(土台)を整えることで、本来あるべき顎の成長方向に戻すことができ、永久歯を正しい位置に誘導することができます。

小児の段階での歯列矯正により、成長過程で正しく良い方向に促すことができます。
口呼吸・舌の突出し・間違った飲み込み癖・指しゃぶりなどのクセを早期に治すことで、歯や歯並びへの悪影響を防ぐことができます。
矯正治療は年齢やお口の中の状態に応じ治療法が異なります。
小児矯正では、生え変わりと顔の成長変化を見据えた治療を行います。

こどもの矯正歯科治療は2段階に分かれています。

 

MFT(筋機能訓練)

こどもの歯並びが悪いのは、遺伝だけが原因ではありません。多くの原因は、舌や口周りの筋肉の間違った使い方などの習慣により起こります。

  • 間違った呼吸(口呼吸、お口ぽかん癖)
  • 間違った飲み込み癖(舌癖)
  • 指しゃぶりや唇を噛むなどの癖
  • 悪い姿勢

によって、歯並びの乱れと顔の発育不正が起こることがわかっています。

つまり、装置をつけているだけでは根本的な治療にはなりません
歯列不正を起こしている原因に対する治療も行われていなければ、装置を使わなくなった後、また元の歯並びに後戻りを起こしてしまいます。

当院では歯科医師、看護師によるMFT(筋機能訓練)も矯正治療と並行して行っていきます。

歯科医師、看護師によってのプロフェッショナルのトレーニングを受けながら、良い口回りの筋力のバランスと正しい呼吸を身に着けることで 将来、ワイヤー矯正をしたり、抜歯矯正の可能性が減るだけでなく、 生涯に渡りきれいな歯並びで長く健康な体でいられます。

 

料金表

資料代¥44,000(初月のみ)

その他の診療案内に関連する記事

おとなの矯正

おとなの矯正の画像

おとなの矯正

    

審美治療

審美治療の画像

審美治療

          

予防歯科

予防歯科の画像

予防歯科