表側(唇側)のワイヤー矯正

ワイヤー矯正について

ワイヤー矯正のメリット

1. 取り外しをしなくてよい

ワイヤー矯正は歯に装置が常についています。マウスピース矯正のような取り外しをする手間はありません。

2. ほとんどの不正咬合に適応可能

ワイヤー矯正は色々な方向に歯の移動や細やかな調整が可能な優れた治療法です。また動かす歯の部位や症状によらず、ほとんどの不正咬合に対応することができるのも特徴です。

3. 患者さんの自己管理が少ない

マウスピース型矯正は「患者さんが自分で矯正装置を管理して治療する」方法です。すべての患者様が、マウスピースの装着を指示通り使用できるわけではありません。外出先などでご飯を食べた後に再装着することを忘れてしまうこともあるはずです。中には自律できず、治療から脱落してしまう方もいます。一方ワイヤー矯正は、来院さえキチッとしていただければ、ゴールには必ずたどり着く治療方法です。

ワイヤー矯正の流れ

表側(唇側)のワイヤー矯正

歯の表側に装置を取り付け、ワイヤーの弾力を利用して歯並びを整える唇側矯正(表側矯正)は矯正治療法の中で最も歴史が深いものです。
症例の研究や検証もそれだけ多くなされて、治療的に最も確立されております。
症例や装置の種類が豊富にあり、患者様への肉体的・精神的・金銭的な負担が最も軽い治療法です。

歯科矯正費用一覧

マウスピース矯正の費用

インビザライン
歯科矯正
¥398000~
クリアコレクト
歯科矯正
アソアライナー

ワイヤー矯正の費用

唇側矯正
(表側矯正)
¥159500~
舌側矯正
(裏側矯正)
¥660000~

※その他に《診断料+資料代の¥44000(初回のみ)・調整料金¥5500/月(舌側矯正のみ¥7700/月)・矯正治療終了後のリテーナー(保定装置)¥片顎33000》が矯正料金と別途でかかります。

唇側矯正(表側矯正)のセラミックブラケット治療では、より目立たなくさせるためにホワイトワイヤー:1本¥1,100 もご用意しております。
調整時のワイヤー交換時に選択できます。メタルワイヤーの場合は追加料金はかかりません。

歯科矯正おとなの治療に関連する記事

インビザラインマウスピース矯正

インビザラインマウスピース矯正の画像

インビザラインマウスピース矯正

マウスピース矯正についてマウスピース矯正のメリット 1. 目立ちにくい マウスピースは透明に近く目立ちにくいため、装着していることがほとんどわからず、見た目によるストレスが軽減されます。 ...

裏側(舌側)のワイヤー矯正

裏側(舌側)のワイヤー矯正の画像

裏側(舌側)のワイヤー矯正

舌側矯正(裏側矯正)とは、歯の裏側に装置をつけることで人に矯正している事を気づかれずに治療できる矯正方法です。

歯の裏側は表面と比べて凹凸があり、装置をつける場所も小さいため表側矯正よりも高度な治療技術が必要となります。
当矯正歯科では正しい技術を持った専門医が安心安全にご提供しています。

MFT(筋機能療法)

MFT(筋機能療法)の画像

MFT(筋機能療法)

あごやベロの筋機能や姿勢を整え、矯正治療後のキレイな歯並びが再び崩れてしまうのを防ぐ効果があります。